1dayカラコンは目に優しい

12月 13th, 2012

カラコンにはご存知の通り、長期間に渡って使えるものと、その日その日で使い捨てをするタイプのものがあります。
この1日使って捨てるタイプのカラコンが、“1dayカラコン”となりますが、カラコン初心者の人には私は自信を持ってオススメします。

というのも、まだケア方法が分からないとか、自分のケアに不安とか、あとは視力が心配という人には安心して使ってもらえるものだからです。
どうしても、長期に渡って使うものですと(1週間ならまだしも、半年や1年となると)、きちんと洗ってケアを怠らないようにしていても、たんぱく質汚れなどが付着し、ゴロゴロしたりですとか、目が痛くなったりというトラブルが起きる確率が高くなってきます。
1dayの場合ですと、毎日新しいカラコンを使用するため、そういったトラブルを防げますので、結果、毎日快適な着け心地でカラコンを装着することができるのです。
もちろん、ケアの心配をする必要もないので普段、時間がない方も気軽に使うことができます。

そもそも1dayタイプとそうでないタイプではカラコンのレンズの作りが違います。
1dayタイプは、その日その日での使い捨てなので、物自体に耐久性というものを持たせていませんので、その分酸素を取り込みやすい、目に優しい作りになっています。

反対に、1dayでないカラコンの場合(1ヶ月や1年タイプ)は、洗浄や毎日の使用に耐えうるだけの強さを重視して作っているところがありますので、瞳に酸素を通す力は1dayよりも弱くなりますので、その分目にかかる負担も増えることになります。
※試用期間が長ければ長くなるほどレンズに耐久性を持たせる必要があるので、レンズが分厚くなり着け心地も悪くなります。

1dayカラコンは、1日の耐久のみでいいのでレンズも薄く、その分、酸素も通しやすいので着け心地もよく乾きにくくなり目にとっても優しいカラコンといえます。
ただ通常のレンズと比較すると割高だというイメージをもたれてる方もいると思います。

価格に関してもここ最近の1dayカラコンは質がよく安いものも多く発売されてきております。
今後はその辺の情報なども更新していきますので、ご参考にして頂けると幸いです。